葬式相談で慣れていない人でも安心してお葬式ができる

誰か近しい人が亡くなった場合に、お葬式を自分の責任で執り行わなければならない場合は、多くの人に起こり得ることと言えるでしょう。しかしお葬式を経験したことがあまりないという人にとっては、どういう形で進めれば良いか、そもそも何から始めれば良いかなど、わからないことは色々と出てくるものです。そういった人たちのために、葬儀業者の中には事前の葬式相談を実施しているところがあるので、そのサービスを利用すると、安心してお葬式を執り行うことができるはずです。この葬式相談をしておくことによって、お葬式をどのような形式で進めて行くのか、どういった式場を利用するのか、いくらくらい費用がかかるのかなどの大事なことについて、具体的なイメージを掴むことができるのです。またある程度近い将来にお葬式をする必要があると考えられる場合でなくても、お葬式に関して疑問がある場合に葬式相談ができる業者もあるので、そういったサービスを利用すると、お葬式に対する不安が取り除けるでしょう。

では実際どれぐらいの費用がかかるのでしょうか?
日本で行われるお葬式の中で最もポピュラーな仏式の一般葬であれば葬儀社の基本料金は70~90万円程度で、基本料金と同じくらいのオプション・追加料金がかかります。お坊さんに包むお布施の金額を含めると、トータルで必要な費用の平均額は200万円前後です。同規模の神式葬でも、仏式葬と同額の費用がかかります。キリスト教式葬で教会を借りる場合には、100万円前後で済む場合があります。
近年、一般弔問客を呼ばずに近親者のみの少人数だけが参列する家族葬が人気を集めています。家族葬であれば葬儀社の基本料金が30~50万円で基本料金と同じくらいのオプション料金がかかるので、トータルで必要な費用は100万円前後となります。家族葬の場合は一般弔問客から香典料やお花代を受け取らないので、参列者1人あたりにかかるコストが高くなります。
通夜や告別式を行わない直葬であれば遺体の納棺作業・安置と火葬場までの搬送だけなので、必要な費用は10万円前後となります。
ちなみに、葬儀費用とは別に埋葬料も必要です。

<PR>女性向けエステ.com / アフィリエイト相互リンク / JALカード / 童話 / 初値予想 / オーディオ / 生命保険の選び方 / 英語上達の秘訣 / 生命保険の口コミ.COM / 貯蓄 / 心の童話 / 住宅リフォーム総合情報 / クレジットカードの即日発行じゃけん / 工務店向け集客ノウハウ / 英語上達の秘訣 /